人気ブログランキング |

海と山、自然に恵まれた半島の端っこにUターンしてきました。めざせ自給自足。


by minamikaze-0302

6月の釣果

6月は民宿用にイサギ釣りがメインでした。

e0204372_09564061.jpg
潮が良ければ簡単に釣れるんですが、そんな日はあまりなかったです。



他にはウスバハギの50upとか

e0204372_09565400.jpg


餌釣りは面倒なのであまりしないんですが、活性によってバイトの深さが違うと言う事に最近気づきました。
ルアーでは良くある事ですけどね。

活性高いと餌の沖アミを飲み込んでノドの奥の胃袋手前くらいに掛かって、針を外すの大変です。
口元に掛かると外すのは楽だけどバレやすくなります。
1匹ばらすとそのポイントはしばらく沈黙します。

そして飲み込んでたのが口に掛かり出すと活性が落ち始めのサインで、しばらくすると潮がたるんで食わなくなります。

餌メインでやってる人は知ってると思いますが面白かったので。




凪の日はイサギ釣りをして荒れるとヒラスズキを狙ってました。

ヒラは早朝か夕方しかほとんどやらないんですが、低気圧の通過後ウネリが明日の早朝まで持たないと思い早めに出かけた日がありました。

そしてここでも新たな発見が。

イワシカラーなどのナチュラル系が絶対と思いほぼそれしか使わなかったんですが、
時間がたっぷりあったので、手持ちのルアーを色々とローテーション。


チャートで1本キャッチ

e0204372_09465637.jpg


実績ポイントをやり尽くし1本だけでしたが、最後の場所で色々ローテーションしていると黒いルアーにヒット。

e0204372_09450025.jpg

いつもは2~3回ルアーを通すとアタリが無くなるが何回も当たり2本キャッチし良型を1本バラシ。
これはパターンでしょ。

e0204372_09484588.jpg

今まで打ってきた場所を打ち返して行くと着いてる場所では面白いように反応がある。
やっぱ居たんだぁー

10バイト5フィッシュあたりだけなら20くらいあった気がする。

出船できるギリギリの波だったのでいつも釣ってるよりサラシが濃いのでナチュラル系よりシルエットのハッキリする黒の方が良かったみたい。

カラーでここまでアタリに差が出た事はなかったので面白い。

ヒラスズキを始めた頃にチャートが効くからそれだけあればいいと聞いたけど、チャートではそれほど釣ってません。
陽の射し具合とかハマる時があると思うので探っていきたいです。



イサギ釣りをやってると根の潮が当たる側に魚は付いてます。
けっこうな群れなのでジグでイサギを狙ってみたが潮が流れてないとやはり厳しい。

アカハタでも釣れればと思うが、ここのところアカハタも厳しい。
餌で毎日のように叩かれてるので、相当数が減ってるのかな?
それとも潮のせいか?

イサギの反応が濃いポイントは絞れているのでソコで探っていると強烈なアタリが。
青物だと思い止めに入り、慎重にファイト。
リーダーは5号でフックがタイラバ用なので強引にやり過ぎると針が折れるし、
ドラグが緩いと根に行かれるので難しいところ。

なんとか底付近の攻防を制して(ちょっと大袈裟)ゆっくり上げてくるとカンパチ。
ラッキーな事にカンヌキの同じ所に針が2本掛かってたので折れずに獲れたみたいです。

e0204372_09425878.jpg

ベイトの濃い所、魚の反応の多い所でやってると何かが起こる事が多いですね。














トラックバックURL : https://hanto.exblog.jp/tb/28432456
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by minamikaze-0302 | 2019-06-30 15:13 | | Trackback | Comments(0)